CONCEPT
コンセプト

保健室のような
ラウンジのような

「生きやすさ・働きやすさ」の重要性が叫ばれるようになり、女性の健康への注目度もこれまでにないほど高まっています。

私たちは、そのさらに一歩先となる「女性の不健康予防」を気軽に生活に取り入れていただくためのベーススポットとして、日本の中心地のひとつである東京・日本橋に開業しました。

壁一面の広大な本棚と、思い思いにくつろげる家具が置かれ、本を読んだりお茶を飲んだりしながら、リラックスしてお過ごしいただけます。

ついつい敬遠しがちな婦人科の受診を、少しでも身近に、そして気楽に感じていただけるよう、「居心地の良い医療」を提供していきます。

DESIGN
デザイン

このクリニックの壁面には、誰もが自由に好きな本を手に取って読むことができる巨大な本棚が広がっています。
そこには、健康増進のハウツー本や、病気の知識を身につけるための教科書などは置かれていませんが、代わりに、普段は気に留めないような“何か”に気づかせてくれるような、バラエティ豊かな本たちと、おいしいお茶が置かれています。

診療所や病院などの医療機関の大半は、どうすれば気軽に、かつコンスタントに受診してもらえるか、頭を悩ませています。利益のためでなく、その方が患者さんの健康にとって有益だからです。

医療機関をおとずれて、待合スペースで自分が呼ばれるのを待っているあいだ、どうにも落ち着かず、不安でそわそわしてしまうという気分を、誰もが味わったことがあるのではないかと思います。

たくさんの「働く女性」が集まる日本橋髙島屋三井ビルディングという「働く建物」の中にあって、落ち着かない不安感のようなネガティブな気分ではなく、ちょっとお茶を飲んで休憩したり、知らない本に出会ったりといった、小さな楽しみを含んだ気持ちで足を運べる場所を目指しました。

身体の不調や不安を解決するだけでなく、来る前よりも少しだけ良い“何か”を持ち帰っていただければ幸いです。

クリエーティブディレクション

POLAAR

カワセ タケヒロ

インテリアデザイン

山﨑健太郎デザインワークショップ

山﨑 健太郎

戻る